【FGO】人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり


[紹介元] FGOぐだぐだまとめ 【FGO】人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり

人間五十年 下天の内をくらぶれば 夢まぼろしの如くなり ひとたび生をうけ滅せぬ者のあるべきか 「人間がどのような一生を送ろうと、それはほんの五十年くらいの 短い間に過ぎない、一度この世に生まれて 死なずにすむ者のいるはずもない」 織田信長

人間五十年 下天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり。一度生を得て滅せぬ者のあるべきか、と候て、螺ふけ、具足よこせと仰せられ、御物具召され、たちながら御食をまいり、御甲めし候ひて卸出陣なさる。

本能寺の変と聞いて浮かぶのはもちろん高杉晋作の辞世の句ではなくて「人間五十年 下天のうちをくらぶれば 夢 幻のごとくなり 一度生を得て 滅せぬものの あるべきか」だけどね

刀ステ一挙無料配信 第二夜! 織田信長「人間五十年 下天のうちをくらぶれば 夢幻のごとくなり」 豊臣秀吉「露と落ち 露と消えにし我が身かな 浪速のことは 夢のまた夢」 徳川家康「嬉しやと 二度さめて一眠り 浮世の夢は 暁の空」

人間五十年 下天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり。一度生を得て滅せぬ者のあるべきか(敦盛-あつもり) 生と死は隣合わせ。またたく間に過ぎ去っていく時の流れ もたもたしてると、何もなさずに人生は終わる。いつ死んでも良いと思える程、生ききってる? 乱世。ヒリつく心を鎮め、軽やかに

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事